NPO法人 スーパーダディ協会

SUPER DADDY SELECT 8

間も無く「令和」急に「父の背中」を思い出しました。

Text by Ichiko Takahashi
  • SHARE THIS
高橋 一晃 - Ichiko Takahashi

間も無く「令和」になります。新時代も「仕事当然家事育児!」をテーマに体力限界まで熱く生きることを誓います。私自身は昭和41年生まれですので3つの年代を生きることになります。三時代を生きるってすごいことだと改めておもいながら、急に昭和12年生まれの父のことを思い出しました、

今は板橋で一人暮らし。母が3年前に他界してから店をたたみ、一人暮らししています。寿司職人でありながらとても優しい人です。記憶が曖昧ですが、急に思い出したことがあります。

1の誕生日に買ってもらったばかりの野球グローブを直後の週末になくしてしまいました。怒られることを覚悟に半泣きで帰宅した私。でも父は怒らずに「無くしちゃったんだ。でも今日一日歩いた道を辿れば必ず見つかるよ。」と私を出前用のチャリンコの後ろに乗せて、今日一日歩いた道、遊んだ場所を辿ってくれました。そんな父の背中のことを思い出しました。

私がスーパーダディ協会を作ったルーツが父の背中にあったのかもしれません。猛烈に父に会いたくなりました。

そして、野球グローブは公園のベンチの横にありました。街灯に照らされていたグローブ。鮮明に目に焼き付いています。

父のような父になりたい。と令和直前に思ったことです。

皆さま令和時代もよろしくお願いいたします。

2019430日平成最後の夜

※写真は9年前。父72歳。息子1歳。私44歳。

NPO法人スーパーダディ協会 代表  高橋一晃