NPO法人 スーパーダディ協会

SUPER DADDY SELECT 8

私は、鉄道オタクではありません。〇〇オタクです。

Text by Ichiko Takahashi
  • SHARE THIS
高橋 一晃 - Ichiko Takahashi

昨日ほ休みをいただき、振替休校の息子と「電車とバスの博物館」http://www.transport-pf.or.jp/norimono/museum/dbh/ に行ってきました。決して鉄道オタクではない私ですが、そのノスタルジックな雰囲気に知らぬ間に引き込まれて、息子よりも楽しんでしまいました。

 

鉄道オタクではなく、昭和オタクかもしれません。

息子と遊ぶと幼い頃の自分を思い出します。息子の行動で日頃気になっていて「それはダメだよ。やめよう。」と息子に伝えていることは、私が少年期にやっていたことと同じじゃん。そんなことを感じると息子に対して少し寛容になれます。逆に「パパ、走っちゃダメだよ」と注意されたりして。笑。

野球やサッカーなどに熱中するスポ魂家族ではない我が家。私が超文化系でしかも腰痛持ちなのでそうなってしまっているところはありますが、その家ごとの親子コミュニケーションがあればいいかなと改めて思いました。

今朝も駅までの15分息子と一緒に歩いて、昨日の鉄道シミュレーションゲームのことでひと盛り上がりしました。よしっ、仕事がんばるぞー。

  1. 子育ては私のリフレッシュタイムであり、自分発見の貴重な時間です。