NPO法人 スーパーダディ協会

SUPER DADDY SELECT 8

人が溢れた❗️スーパーダディ魔法ショー❗️

Text by Shuhei Taniguchi
  • SHARE THIS
谷口 周平 - Shuhei Taniguchi

ご報告です!延べ2万人前後を動員する大人気のグルメイベント「青空白金グルメまつりmammamia!」に代表の高橋一晃 と魔法つかいkoji理事が登壇しました。

「マンマミーア!」は日頃の感謝を込めて美味しいグルメでママをもてなそうと言うママ感謝祭。妻の人生を考え行動することを1つの理念に掲げているスーパーダディ協会も参加させていただきました。

「ママのおもてなし」がテーマとあって、お父さんが子どもを抱っこしたり手を繋いだり。お母さんはグラス片手にワインでほろ酔い気分。とても幸せな空気に満ちたお母さん中心のお祭りでした。

 

「お母さん好きですか?」

と高橋一晃代表がステージ前にあふれる子どもたちに質問!

「ハーーイ❗️」とみんな大声で即答。

続いて質問。

「お父さんのことは好きですか?」

「ハイ!」という声は聞こえたが、明らかにお母さんに比べると反応が悪い。「もっと子育てがんばろう!」と会場のお父さんに向けてエールを送り、いよいよメインイベント、kojiの魔法ショーがスタート!

  

ステージ前に押し寄せるシロガネキッズ。魔法つかいの人気すげぇ!

と早速はじめた最初の魔法は、kojiくんの十八番「ルービックキューブを一瞬で揃える魔法」。

この日は、大雨の影響で魔法が使いにくかったとkojiは語ってましたが、果たして?

※こな写真はイメージ写真です

約2.5秒で揃え、大雨の中の高架下は、熱気に包まれました。

 

盛り盛りに盛り上がったスーパーダディ魔法ショー。これからお祭りシーズン、もしご用命があれば、当サイトのメールに連絡くださいね。時間が合えば駆けつけます。

そしてkojiくん、魔法通貨を発行したらしい。

このたび、『魔法通貨』を発行することをお知らせいたします٩( ᐛ )و わかりやすく言うと、「お金」を介さずに『魔法』と『あなたが持っている価値』を直接交換するということです。 もっとお金をかけずに、お互いの価値を交換することでニーズを満たし、楽しく生活する方法があると信じてきたので、「お金を使わなくてもこんなに楽しい毎日だよ☆」ということを1回もやらずに死ぬのが嫌なのです。 約1ヶ月限定(6月末まで)でのプチ社会実験。 是非この機に『あなたの持っているモノ・サービス・ココロ』と『魔法』を交換してみませんか? 交換は信用の上に成り立つものなので、今回はひとまずfacebook個人アカウントの直接の友人限定で実験を行い、都度SNSにてレポートいたします。また、後日実験のまとめレポートも作成予定です。以下、プライベートの友人宛の投稿ですが、転載いたします。直接の友人ではないけれど、どうしても!という方がいらっしゃいましたら、ホームページのCONTACTよりお問い合わせくださいませ。 交換の条件は2つ。 何らかの価値をお互い同意のもとで交換すること。そして、あなた以外の第三者も魔法を見て喜ぶシチュエーションを用意するということ。お友達に、とか、子供達に、とか、妻に、とか、そういうことです。 お互いのニーズを満たすためだけの価値の交換は従来通りの価値観。第三者を喜ばせるためにお互いの価値を交換することでみんなハッピーになってしまおうというネクストジェネレーションの等価交換でいきましょう。 ちなみに「お金」というモノサシに縛られないため、普段の出演料に換算すると、、、ということはしません。 お互いの「ハッピー度」をモノサシにしますので、「50万相当の服」が「子供の笑顔」より価値が低いかもしれない価値観です。お気軽にご相談ください!!! 興味あり!という方は長いですが以下も読んでみてください ↓ はるか昔、我々はおもに物々交換で生活していました。 「野菜」と「魚」を交換する。 「石の斧」と「魚をとる網」を交換する。 「バナナ」と「布」を交換する。 そんなふうにお互いにとって価値のあるモノとモノを交換していました。 ただ、それだと 「斧?そんなモノいらないよ。他のものないの?」 「バナナは大好きなんだけど、たくさんあるから今はいらないよ」 といった具合に、自分の持っているモノを必要としている人を探すのが大変だったり、 相手が必要としているタイミングで交換しないと成立しなかったりと、難しい点がありました。 そこで、『お金』という概念が登場します。 『お金』という共通のモノサシで価値をはかり、お金を介して交換をするのです。 モノをいったん『お金』と交換することによって、『お金』を貯めておき、必要な時に必要なものと交換できるようになりました。 『お金』の役割として有名なのは 1:価値の交換・支払いの手段として便利 2:価値の尺度が誰にでもわかるようになり、共通のモノサシとして使える 3:価値の保存。お金をとっておくことで、必要な時に必要なものと交換できる の3点です。 しかし あらためてこうして整理してみると、、、 今の時代では 自分が持っているモノを必要としている人を探すことは、ネットを介して容易にできるようになりました。 そして自分がこんな価値のあるモノを持っているよと世界中に瞬時に発信することも可能になりました。 この問題はクリアされているのです。 つぎに、タイミングの問題。 これも、ネットを介して大勢の交換相手にアクセスすることができるため、確率的にほぼ問題なくニーズを探し当てることができるようになりました。 何より大切なのは、本来は「モノとモノの交換でお互い満足できる」はずだということ。 でも、うまくいかない時のために「お金というツール」を利用することでより円滑に幸せを分かち合うことになったのだということ。 しかし、どう考えても今の世の中を見回すと「お金」を「ツール」として使うというより「生活するのに絶対に無くてはならないもの」だと思い込んで「お金に振り回されている」いる人が多い気がします。 「交換の道具としてのお金」であるはずが、なぜか「お金を稼ぐため」に「必死に」生きている人が多すぎる。 「お金が交換における便利なツール」であることは否定のしようがありません。 その前提ありきで、 「どれくらお金を介さないモノとモノの交換で楽しめて」 「実際問題、お金でしか解決できないことってどれくらいなの?」 ということが気になりすぎて、じゃあ色々実験してみようということになります。 字数制限があるので詳細は ↓ ow.ly/bEFm30jWug4 #魔法 #魔法通貨 #仮想通貨 #交換 #物々交換 #取引 #等価交換 #プライスレス #お金の価値 #お金

A post shared by 魔法つかいKOJI (@magicaldreamerkoji) on