NPO法人 スーパーダディ協会

SUPER DADDY SELECT 8

西日本豪雨の復旧活動を支援するスーパーダディ基金に関する報告です。

Text by Ichiko Takahashi
  • SHARE THIS
高橋 一晃 - Ichiko Takahashi

ご報告です。スーパーダディ協会の理事板谷俊明さんが西日本豪雨の被災地で災害支援活動をしています。板谷さんはキャンピングカーなどのレンタル事業を本業としているため、支援活動に直結する車両を自走して、岡山県の真備町に入っています。

     

そんなスーパーダディ仲間をサポートするために公式メンバーの皆さまから寄付金を募りました。

5日で248,000円が集まりましたので「スーパーダディ基金」として、板谷さんの支援活動に寄付させていただきました。

心を寄せてくれた公式メンバーの皆様に現地の板谷さんからメッセージが届きました。

「スーパーダディ協会のメンバー及び仲間の皆様、活動をサポートしてくださり、ありがとうございます。私が支援活動をしている倉敷市真備町は、現在も水道やガスなどのライフラインは途絶えています。最も不足しているものは水です。水と言っても援助物資で補える飲み水というよりも生活用の水です。濁流が入り込んだ家の中を洗うのに必要なお水、そして汗を流すシャワーに使う水などが圧倒的に不足しています。皆さんのサポートにより被災地に自走できた簡易シャワー装備車両とトイレ車両は、被災地の皆様に大変喜ばれています。

まだまだ終わりが見えませんが、ギリギリまで前向きに支援活動を続けたいと思います。今後も皆さんの応援を背中で感じながら活動を続けます。この度はありがとうございました」

スーパーダディ協会では、今後も板谷さんの活動を気持ちを込めて、応援するとともに、一刻も早い復旧をお祈りしています。