NPO法人 スーパーダディ協会

SUPER DADDY SELECT 8

はじめて息子に薦められた本。「さかさ町」。なんか嬉しい。

Text by Ichiko Takahashi
  • SHARE THIS
高橋 一晃 - Ichiko Takahashi

「パパ、この本面白かったよ。読んでみたら」

F.エマーソン・アンドリュース『さかさ町』(岩波書店、小宮由訳)が、はじめての息子からの献本?となりました。笑。

早速、出社途中に立ち寄ったオモハラの森のスタバでちょっと読むと、一瞬で引き込まれてしまいました。

主人公のリッキーとアンは、おじいちゃんの家にむかう汽車の旅の途中、思いがけず見知らぬ町で一泊することになる。そこは〈さかさ町〉。建物も看板も上下ひっくりかえっていて、ホテルや病院、学校での常識も、野球の試合や買い物のルールも、ひとつひとつが反対の世界なのです。

おもしろい。

このまま1時間くらい出勤前の読書タイム。

今晩は早く仕事を切り上げて息子と読後感想会かな。今夜の楽しみ。早く語り合いたい。さあ今日も、仕事当然家事育児!を心に言い聞かせ頑張るぜ!