NPO法人 スーパーダディ協会

わが子のアトリエが保育園に

Text by Kazuki Kunio
  • SHARE THIS
國尾 一樹 - Kazuki Kunio

SDA理事であり、関西支部長でもある和泉誠さん。

大阪市内で保育アトリエ「こどもなーと」を6か所運営しています。

アートを通した保育が注目されるようになっているのですが、
こどもなーとはどのようにして誕生したのか。

すべては、わが子のために作ったアトリエからはじまりました。

そんな和泉さんのインタビュー記事(前編・後編)が日経DUALの
「いまどきパパの肖像」にて、配信されています。

(後編)
http://dual.nikkei.co.jp/atcl/column/17/1111120/012200006/

(前編)
http://dual.nikkei.co.jp/atcl/column/17/1111120/012200005/

こどもなーとには、どの施設にも必ず、ラクガキOKなスペースがあります。

子どもたちは、そこで自由にラクガキをして遊ぶ。

何よりも子どもたちがやりたいこと、
自由な発想を大事にする保育が素晴らしい。

大人の価値観で子どもを縛らない保育園が
もっと増えるといいなあと、取材して思いました。